男女

運転が好きならタクシー求人をチェックしよう|就職活動通信

舞台裏を支える仕事

男性

大道具の仕事に資格は必要ないので、体力に自信があるのであれば挑戦しやすい業界の仕事であると言えます。大道具は、言わば舞台を支える縁の下の力持ち的ポジションです。体力があるに越したことはありません。とは言え、ただ体力があればいいというわけでもありません。大道具の仕事は、時に芸術面でのスキルを求められることもあります。絵を描いたりすることもあるので、芸術面に対応できるスキルを持っていると、求人でも有利な上、そちらの方面での仕事を得ることもできます。大道具と言っても、その分野での仕事の幅は様々です。求人が出されている内容をチェックし、面接でいかに自分の得意なことをアピールできるかが重要となってきます。自分の希望する分野で働くためにも、面接の際にしっかりとアピールしていきましょう。

大道具の仕事に、特別な資格は必要ありませんが、セットを一から作るのもまた大道具の仕事の一つです。材木を切ったり組み立てたりする場面も多いので、木工のスキルがあるに越したことはありません。資格は無くとも、木工のスキルをアピールするだけで、求人においては有利になります。また、大道具の仕事の一つに背景画を描くこともあります。絵で大道具の仕事を重ねていきたいのであれば、絵のスキルをアピールするのも良いでしょう。求人の際に、希望した分野に携われる可能性が高くなります。テレビ制作に携わる大道具の仕事を経験できれば、エンドロールに自分の名前が表示できるのも嬉しい点です。大道具は、あくまで裏方の仕事ではありますが、きちんと自分のやったことが目に見える形になる仕事です。そういった意味では、とてもやりがいのある仕事であると言えましょう。